×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


初めに

Macの初期設定

アプリ等の基本的な操作

おすすめのソフト

よくあるトラブル


プロフィール

プロフィール画像
■ 某国立大学に通う大学生です。
■ サッカー大好き
■ Macを使い始めてまだ2年です。
>>プロフィールの詳細


トラックパッドの初期設定&使い方

トラックパッドはマウスの代わりに使う物です。
Macにもマウスはありますが、僕はトラックパッドをおススメします。
使っていくうちに「もはやこれなしでPCはいじれない!」というくらいの操作性を持ちます。
一見、普通の四角い板のように見えるのですが、指の本数、動きを読み取り、
様々な動きを感覚的に行う事が出来ます。
ただし、トラックパッドの機能が使えるアプリと使えないアプリがあります。
使えない物に関しては「Better Touch Tool」というフリーソフトを使って
個別に設定出来ます。

基本的な動作設定
iMacとのBluetoothによる接続
Better Touch Toolによる設定
トラックパッドの使い方

基本的な動作設定


「システム環境設定」から「トラックパッド」を選択します。



すると以下のアイコンが開きます。



「ポイントとクリック」「スクロールとズーム」「その他のジェスチャ」
タブを切り替えてそれぞれの機能を確認し、自分のお好みの設定にしてみてください。
それにしてもほんとに機能が多いですね。
余談ですがこの機能をマルチタッチというらしいです。

ポインタの動くスピードは「ポイントとクリック」の「軌跡の速さ」
で選んでください。

iMacとのBluetoothによる接続


この項目はMacbook系を使っている人は関係ありません。
iMacを用いている人限定です。
まず「システム環境設定」から「トラックパッド」を選択します。




すると以下のアイコンが開きます。



「Bluetoothトラックパッドを設定」をクリックします。

Bluetoothが入担っていない場合次のようなアイコンが開きます。



その場合は左下の「Bluetoothを入にする」をクリックします。
すると近くにあるトラックパッドを自動的に検出してくれるのでそれを選べばOK。
もし検出されない場合は、トラックパッドの電源が入っていない可能性がありますので、
ONにしましょう。

Better Touch Toolによる設定




このソフトはトラックパッドの操作が適用されないアプリに使います。
例えば僕はブラウザーは「Google Chorome」を使っているのですが、
前ページに戻る・進むといった動作がトラックパッドで出来ませんでした。
そこでアプリごとにトラックパッドの操作を割り当てる事が出来ます。

まずダウンロードはこちらから
ダウンロード

今回は「Google Chorome」の「前ページに戻る・進む」の動作を
二本指で出来るように設定する例を挙げます。
ダウンロードしたら起動します。
起動したらメニューバーのアイコンをクリックし、「Preferences」を選びます。



すると以下のアイコンが開きます。手順は以下の通り。
① 「Gestures」をクリック
② 「+」をクリック
③ アプリケーションからGoogle Choromeを選ぶ
④ 「Open」をクリック
⑤ Google Choromeを選ぶ
⑥ トラックパッドを選ぶ
⑦ 「Add new gesture」をクリック
⑧ 「Two Finger Swipe Left」を選ぶ
⑨ 「3F Swipe Left (Page Back)」を選ぶ
⑩ 再び「Add new gesture」をクリックする
⑪ 「Two Finger Swipe Right」を選ぶ
⑫ 「3F Swipe Right (Page Forward)」を選ぶ









これで出来るようになるはずです。
このソフトには他にも様々な機能がありますので
確実にダウンロードしましょう。

トラックパッドの使い方の使い方


使い方は「システム環境設定」⇒「トラックパッド」に分かりやすく載っています。
忘れがちな使い方としては

・親指と3本指で広げるとデスクトップを表示
・親指と3本指でピンチでLaunch Pad
・3本指タップで調べる
・3本指でウィンドウをドラッグ

こんなところでしょうか。

ホームページ テンプレート フリー">ÉzÅ[ÉÄÉyÅ[ÉW ÉeÉìÉvÉåÅ[Ég ÉtÉäÅ[

Design by